BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)   ~always with your side~

「がんばるゴルフ」改め『BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)』。主に初心者向けの丁寧なゴルフレッスンを提供するblogです。あなたのゴルフライフを、より充実したものとするために・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【ゴルフ専門用語解説-5】~スイング編~

みなさまにご協力いただいております
banner_04.gif
いつもクリック誠にありがとうございます☆

本日も応援クリック、どうぞよろしくお願いします♪
☆上記ロゴをクリックしてくださいm(_ _)m☆


【ゴルフ専門用語解説-5】
~スイング編~



こんにちは^^ゴルフ初心者・dreamer M です!
今回もガルシア選手の登場です!
彼、ボクは年上だと思っていましたが、ボクより6歳も年下でした!!
ちょっとショックなdreamerですが。。。


☆今回のゴルフ専門用語☆

  「カベ」・「ヘッドスピード」

ガルシア選手はボールを打つとき、頭を動かさないで
左サイドのカベを作ってヘッドを走らせるそうです。
「ヘッドが目標方向に進む動きに対して、左足を踏ん張ってカベを作り、頭をアドレスの位置から
動かさないようにすることで引っ張り合う形になります。これによりインパクトゾーンで
ヘッドスピードは加速します。」       ~週刊パーゴルフvol.44より~

この記事の中で、「引っ張り合う形」という表現が、
今いち、よく分からないんですよね~。何と何が引っ張り合うのかなあ?
fantasista T君、教えてくださ~い!


こんにちはー、fantasisita T です^^
早速解説しましょう!

まず、 『振り子』 を想像してみてください。
『振り子』は、支点があるから、先端についた錘が振れますよね。

ゴルフスイングは、この『振り子』と同じ動きで、

●支点=頭
●錘=クラブヘッド

と例えることができます。

そして、

【支点=頭】を動かさないようにすることで、
『振り子』のように【錘=クラブヘッド】が動き、
遠心力が生まれ、
それによってボールが遠くに飛ぶんですね。


そのときに、
【左サイトのカベ=左ひざ】が動いてしまうと、
【支点=頭】が動いてしまうため、『振り子』の動きにならず、
そのため遠心力が生まれず、ボールは遠くに飛ばなくなってしまいます。


もっとわかりやすいイメージは・・・、

ハンマー投げの室伏選手を想像してみてください。

重心を飛球線方向と逆に持っていくことによって、
遠くに飛ばしていますよね!

ゴルフもあのイメージで、
【支点=頭】をアドレスの位置に残すことによって、
遠心力が増し、ボールを遠くに飛ばせます!

ちなみにこの動きを、
『ビハインド・ザ・ボール』と呼びます。

コツをつかむと一気に飛距離がアップしますので、
ぜひ意識して練習してみてくださいねー(^_^)v


では、次回もお楽しみに!!


★関連リンク

☆【セルヒオ・ガルシア選手】のスイング画像


~ラウンド前の予習に必見!!~

【がんばるコースラウンド編】

気になる方はこちらから・・・。
↓↓↓クリック☆↓↓↓




~【ラウンド編】まずは無料ダイジェスト版で確認したい方は~

【がんばるコースラウンド編 無料ダイジェスト版】
をご覧いただけます♪
↓↓↓クリック☆↓↓↓
【ゴルフ入門者・初心者のための『実戦ラウンドレッスン書』~がんばるゴルフ~】


☆がんばるゴルフ【ゴルフ専門用語解説】


~mixi~
【がんばるゴルフ】コミュニティーやってます^^ 
みなさま、ぜひご参加ください!!
因みに、mixiにまだ参加していらっしゃらない方がいらっしゃいましたら、
招待メールをさしあげますので、【info@ganbarugolf.com】までメールをください^^
その際は、件名を「mixi招待希望」としてください。


※このレッスン内容はあくまでもfantasista Tの主観となっております。
実際にはご覧頂いている皆様のご判断、ご責任の範囲内でお試しくださいますよう、
お願い申し上げます。

スポンサーサイト

PageTop

【ゴルフ専門用語解説-4】~スイング編~

みなさまにご協力いただいております
banner_04.gif
いつもクリック誠にありがとうございます☆

本日も応援クリック、どうぞよろしくお願いします♪
☆上記ロゴをクリックしてくださいm(_ _)m☆


【ゴルフ専門用語解説-4】
~スイング編~



こんにちは!ゴルフ初心者dreamer M です。
今回はセルヒオ・ガルシア選手のスイング解説記事を読んでいて、
参考になりそうだった部分の紹介です!

ガルシア選手はスイングが大きいんですって。
スペイン出身の彼ですが、身長178センチ・体重72キロと
日本人の体型とそれほど変わらないのですねえ^^
それでも300ヤード級のショットを打てるのは
彼のスイングが大きいからだそうです。


☆今回のゴルフ専門用語☆

『テークバック』・『レイトコック』

ガルシア選手のテークバックは、
「手が腰の高さを過ぎた辺りから徐々にコックをしていくレイトコックで、スイングアーク
(スイングの弧)がとても大きい。これによりヘッドの遠心力を最大限にいかすことができ、
ボールを遠くに飛ばせます。」      ~週刊パーゴルフ2006 vol.44より~

ボクも「スイングが大きいね!」って言われたいです!
fantasista T君『レイトコック』ってどういうことですか?


こんにちはー^^
ゴルフ入門者・初心者の味方☆ fantasista Tです。

まず、『テークバック』とは・・・、『バックスイング』のことです。
アドレス(ボールに構える)した後、体を回転させながらクラブを引き上げる動きのこと
ですね。

そして、『レイトコック』とは・・・、
手首の「コック」をするタイミングを遅くする、という意味です。

ちなみに、「コック」というのは、
バックスイングの際に、手首を親指方向に折る動きのことです。

重いクラブを上に持っていくためには、手首を親指方向に折ったほうが楽で、
クラブが軽く感じませんか??

この『レイトコック』の逆に『アーリーコック』というものがあります。
これは、バックスイングの早い段階で「コック」を完了させます。

今回登場したセルヒオ・ガルシア選手と同じスペイン出身のプロに
セベ・バレステロスという選手がいるのですが(1980年代に活躍したプロです(古)!)
彼はガルシア選手とは逆で、『アーリーコック』のスイングで300ヤード飛ばしていました!
『アーリーコック』にしていた理由は、
バックスイングの早い段階でトップスイング時の手の形(コックを完了させる)を作る
ことによって、スイングをシンプルにする、という目的があったようです。

このように、「コック」のタイミングは人それぞれ。
「このタイミングでコックしよう!」と考えるよりも、
自然のタイミングに任せたほうがよいと思いますよー。

また、「スイングアーク」を大きくしたい!!という場合には、

バックスイングよりもフォロースルーを大きくする

ことを意識したほうがいいですよ。
このお話はまた次の機会に・・・。

では、次回もお楽しみに。


★関連リンク

☆【セルヒオ・ガルシア選手】のスイング画像

☆【セベ・バレステロス選手】のスイング画像


~ラウンド前の予習に必見!!~

【がんばるコースラウンド編】

気になる方はこちらから・・・。
↓↓↓クリック☆↓↓↓




~【ラウンド編】まずは無料ダイジェスト版で確認したい方は~

【がんばるコースラウンド編 無料ダイジェスト版】
をご覧いただけます♪
↓↓↓クリック☆↓↓↓
【ゴルフ入門者・初心者のための『実戦ラウンドレッスン書』~がんばるゴルフ~】


☆がんばるゴルフ【ゴルフ専門用語解説】


~mixi~
【がんばるゴルフ】コミュニティーやってます^^ 
みなさま、ぜひご参加ください!!
因みに、mixiにまだ参加していらっしゃらない方がいらっしゃいましたら、
招待メールをさしあげますので、【info@ganbarugolf.com】までメールをください^^
その際は、件名を「mixi招待希望」としてください。


※このレッスン内容はあくまでもfantasista Tの主観となっております。
実際にはご覧頂いている皆様のご判断、ご責任の範囲内でお試しくださいますよう、
お願い申し上げます。

PageTop

【ゴルフ専門用語解説】~スイング編~

がんばるゴルフが満を持してお送りするスペシャルテキストはこちらからどうぞ!







【ゴルフ専門用語解説編-3】
    
    ~スイング編~

こんにちは!ゴルフ初心者・dreamer M です!
今回も楽しく!分かりやすく!ゴルフの専門用語を学んでいきたいと思います!
fantasista T君、よろしくお願いします!


☆今回のゴルフ専門用語☆

         「ライ」

だいぶ以前ですが、「ゴルフ解説と言えば」・・・というキーワードで 検索したら、
「戸張捷」と検索結果が出てきてホッとしたボクですが(なんのこっちゃ?)、
その戸張捷さんもよくテレビで言っている、「このライは厳しいですね~」とか、
「これはいいライですからツーオンも狙えますよ~」「ライ」って、
どういう意味なんだろうか?
「雷(らい)」? 「来(らい)」? え? 英語ですか?


こんにちは~、fantasista T です^^

早速ですが、「ライ」とは、

ボールの置かれている状態、のことです。

例えば、
「左足下がりのライ」とか「冬場のフェアウェーは芝が枯れていて、ライが悪い」
という感じで使用されます。
従いまして、戸張さんがよく使うパターンとしては、

「このライは厳しいですね~」
・・・極端な傾斜地にボールがあるとき、深いラフの中にボールが沈んでいるとき、など。

「これはいいライですからツーオンも狙えますよ~」
・・・フェアウェーでしかも平らな位置にボールがあるとき、ラフに入ってしまったがボールが浮いているとき、など。


ちなみにこれは、英語です^^

スペルは、 「lie」 です。


では、次回もお楽しみに~(^_^)w

※このレッスン内容はあくまでもfantasista Tの主観となっております。
実際にはご覧頂いている皆様のご判断、ご責任の範囲内でお試しくださいますよう、
お願い申し上げます。


★関連リンク集
【ゴルフ専門用語編】

~mixi~
【がんばるゴルフ】コミュニティーやってます^^ ぜひ!!
因みに、mixiにまだ参加していらっしゃらない方がいらっしゃいましたら、
招待メールをさしあげますので、info@ganbarugolf.comまでメールをください^^
その際は、件名を「mixi招待希望」としてください。


みなさまにご協力いただいております
banner_04.gif
いつもクリック誠にありがとうございます☆

お手数でなければ、今日も1クリックをお願いいたします^^
↓↓↓↓↓
ここをクリックしてくださいm(_ _)m

☆イベント開催のお知らせ☆

みなさん、一緒に練習場へ行きませんか??

11月に、
『第1回 がんばるゴルフ みんなで一緒に練習しよう!!』イベントを開催しまーす!!

◆日時:11月11日(土)昼頃から
◆場所:リンクス新川崎さん(神奈川県川崎市)

みなさん、一緒にゴルフを楽しみましょう!!
ゴルフ入門者・初心者の方、大歓迎ですよー^^
参加ご希望の方は、事前にメール連絡いただけると幸いですが、
当日飛び入り参加もOKですよ(^_^)v
なお、リンクス新川崎さんでは、ボール代は、3,000円(プリペイドカード)から
販売されています。





PageTop

【ゴルフ専門用語解説編-2】~ラフでの用語~

がんばるゴルフが満を持してお送りするスペシャルテキストはこちらからどうぞ!








【ゴルフ専門用語解説編-2】
~ラフでの用語~


こんにちは!ゴルフ初心者・dreamer M です!
今回も楽しく!分かりやすく!ゴルフの専門用語を学んでいきたいと思います!
fantasista T君、よろしくお願いします!


☆今回のゴルフ専門用語☆

「スイングアーク」・「リーディングエッジ」

「ヘソを支点にクラブを振るとスイングアークが小さくなり、上体よりも早くクラブが回る。
するとフェースが地面に対して水平に近い状態でラフに入り、リーディングエッジ
芝をカットしながら確実にボールをとらえることができるのだ。」

~GOLF TODAY 2006/8/3号より抜粋~

・・・??? つまり・・・ どういうこと?・・・ なんですか???


fantasista T:まず、専門用語の意味から解説しますね。

●スイングアーク
画像の青色部分のことです。
スイングを円と考えた場合の「弧」のことですね。
スイングアーク


●リーディングエッジ画像のピンク色部分のことです。
この部分が「かみそりの刃」のような役割をして、芝をカットします。
リーディングエッジ


これらをふまえ内容の解説をすると・・・、

大振りせずにコンパクトにクラブを振れば、
ボールを確実にミートできる(フェースの真ん中で捉える)確率
が高くなりますよ!


ってことです。
専門用語が多用されていると、訳がわからないですよね・・・(汗)

この記事は、「ラフからのショット」のポイントを説明しているのだと思いますが、
要するに、ラフのような難しいボールの状態からのショットの『コツ』を説明しているんですね(^_^)v

ボールのある状態は、
【ラフ】もしくは【バンカー】
  ↓
【フェアウェー】
  ↓
【ティーアップした状態】

という順番に、やさしく感じるのではないでしょうか??
ボールのある状態が難しい場合には、
なにはともあれ、
大振りせずに、コンパクトスイングを心がけましょう!!


なぜなら、ボールを確実に遠くに飛ばす第一条件は、

クラブフェースの『芯』(フェースの真ん中あたり)で
確実にボールを捉えること


ですからね!!


こんな感じの説明で、お分かりいただけたでしょうか??
不明な点があれば、お気軽にコメント・メールしてくださいね(^.^)

では、また~!!


☆イベント開催のお知らせ☆

突然ですが・・・、

みなさん、一緒に練習場へ行きませんか??

というわけで、
『第1回 がんばるゴルフ みんなで一緒に練習しよう!!』イベントを開催しまーす!!

◆日時:11月11日(土)昼頃から
◆場所:リンクス新川崎さん(神奈川県川崎市)

みなさん、一緒にゴルフを楽しみましょう!!
ゴルフ入門者・初心者の方、大歓迎ですよー^^
参加方法など詳細に関しましては、また追ってブログにてご連絡しますね^^



みなさまにご協力いただいております
banner_04.gif
いつもクリック誠にありがとうございます☆

お手数でなければ、今日も1クリックをお願いいたします^^
↓↓↓↓↓
ここをクリックしてくださいm(_ _)m


※このレッスン内容はあくまでもfantasista Tの主観となっております。
実際にはご覧頂いている皆様のご判断、ご責任の範囲内でお試しくださいますよう、
お願い申し上げます。

PageTop

【ゴルフ専門用語編-1】~ラフでの用語~

がんばるゴルフが満を持してお送りするスペシャルテキストはこちらからどうぞ!







【ゴルフ専門用語編-1】~ラフでの用語~

こんにちは!ゴルフ初心者・dreamer M です!
突然ですが、みなさんはゴルフ雑誌を読むことがありますか?
ボクは、ゴルフを勉強しようと思ってたまに買うのですが、
まだ、ゴルフの専門用語があんまり分からないんです!

正直を申しまして、専門用語が出てくると、意味が分からない部分が結構ありまして、
なかなか全部を読み切れずに、マガジンラックに放置してしまっているのが
現状なんですよ・・・(汗)
プロのトーナメントをテレビで見ていても、たまに解説者の方が言っている意味が分からないときもあるんですよ・・・(汗だく)


そこで、このシリーズでは、様々なゴルフの専門用語をfantasista T 君に
解説してもらいながら、少しずつ勉強していきたいと思います!
ボクとゴルフの知識レベルが同じくらいの方は、一緒に学んでいきましょうね^^


☆今回のゴルフ専門用語☆

「ザックリ」・「ダルマ落とし」

「この時季ゴルファーの敵となるのが、頑固なラフ。
あなたもザックリダルマ落としのミスに悩んでいませんか?」

~GOLF TODAY 2006/8/3号より抜粋~

・・・という記事がありましたが、どんなミスのことなのか分かりません。
   みなさんは分かりますか?


こんにちはゴルフ初心者の味方☆ fantasista T です。
これらの用語、結構使用頻度が高いですねー。
早速解説していきましょう~。

ザックリ;基本的な意味は、「ダフリ」と同じです。ボールの手前の芝を打ってしまったことをいいます。ただ「ザックリ」に関しては、主にグリーン周りからのアプローチで、ダフってしまったときに使います。グリーン周りからダフってしまい、ボールが1~2mしか飛ばなかった・・・。
これが「ザックリ」です(>_<)

・・・ダウンスイング(クラブを振り下ろす動作のことです)で力を抜くと、
この「ザックリ」が出やすいです。ダウンスイングが始まったら、
ボールを打ち終わるまでクラブの動きを加速させるようにしましょう!


ダルマ落とし;これはラフの長い夏場に多いのですが、芝の上に浮いた状態のボールを打つときに、ボールの下をクラブがくぐってしまい、ボールが飛ばないことです。まさに、おもちゃの「ダルマ落とし」のように、芝の上に浮いていたボールが、ストンと下に落ちてしまうことです。

・・・ボールに構えるとき、クラブを浮かせてボールと同じ高さに構えましょう。
地面にクラブをピタっとつけてアドレスしてしまうと、この「ダルマ落とし」
になりやすいですよ!


M:なるほど。よ~く分かりました。
あれは、そういうミスをしないための記事だったんだね~^^
fantasista T 君、次回もヨロシクね!


みなさまにご協力いただいております
banner_04.gif
いつもクリック誠にありがとうございます☆

ランキング下降中・・・。
もっともっと、みなさんに楽しんでいただける情報の提供を目指し、がんばります!!

今日もこちらを1クリックしていただけたら、うれしいです^^
↓↓↓↓↓
ここをクリックしてくださいm(_ _)m

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。