BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)   ~always with your side~

「がんばるゴルフ」改め『BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)』。主に初心者向けの丁寧なゴルフレッスンを提供するblogです。あなたのゴルフライフを、より充実したものとするために・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

この動きもダブリやすいです!

【PR】
日本最大級のゴルフサイト、GDOさんで激安セール開催中!!

要チェックです!!




直前ゴルフ場予約もオトクです!!






こんにちは!

『GG(がんばるゴルフ)』インストラクターの田中です。

ゴルフの調子はいかがですか!?



【今日のレッスン日記】


ダブリの原因。

クラブを上に振り上げたとき(トップスイング)で、

右ひざが伸びてしまう。

(※右打ちの場合です。左打ちの場合は左ひざが伸びてしまう動きのことです。)


そうすると、左肩が下がり、その反動でボールを打っとき右肩が下がってしまうため、

ボールの手前を打ってしまう、ダブリのミスが起きやすいです。

『右ひざは曲げた状態を、がっちりキープです』


さらに!!

これができると飛距離もアップします!!

ぜひ、お試しください!!






~『入門者・初心者ゴルファー』のゴルフライフが

        より楽しく、充実したものとなるように~


  by 『GG(がんばるゴルフ)』



【PR】









★賞金王 石川遼選手も実践中★



★便利な定期購読のお知らせ★


スポンサーサイト

PageTop

これだけでダブリが減ります!

【PR】
日本最大級のゴルフサイト、GDOさんで激安セール開催中!!

要チェックです!!




直前ゴルフ場予約もオトクです!!






こんにちは!

『GG(がんばるゴルフ)』インストラクターの田中です。

ゴルフの調子はいかがですか!?



さてさて、

最近、レッスン記事UPしてないなあー・・・、

と今頃(?)自覚してきました田中です(汗)



そこで、今後は日々のスクールでのレッスンの内容を

少しでもお伝えしていきたいと思います!


ただ、どうしても言葉だけでは伝えられないニュアンスも

ありますので、ここではできるだけわかりやすく、

また自分ひとりでチェックしやすい内容をピックアップして

お届けします。


ぜひ、お時間あるとき見てみてくださいねー。


それでは、本日のレッスンにいきましょう!!



【今日のレッスン日記】


構えたとき、左足爪先を少し左に向けましょう。

左足が飛球線と直角な状態、つまり左足爪先が真っ直ぐの状態では、

体が回転しにくいため、ダブリが出やすいスイングになってしまいます。


左足爪先は少し左に向け、開くようにしましょう!

体がスムーズに回転して、きれいにボールを打つことができますよ!!








~『入門者・初心者ゴルファー』のゴルフライフが

        より楽しく、充実したものとなるように~


  by 『GG(がんばるゴルフ)』



【PR】









★賞金王 石川遼選手も実践中★



★便利な定期購読のお知らせ★


PageTop

スライス、ダフリを同時に直します!!

【PR】







【ミス撲滅編】
「スライス、ダフリを同時に直します!!」




こんにちは!

『GG(がんばるゴルフ)』インストラクターの田中です。


今日も楽しく、効率のいい練習をしていきましょう!


さて本日は、

「スライス、ダフリを同時に直す練習方法」

のご紹介です。


初心者ゴルファーの2大課題である、

「スライス」

そして

「ダフリ」



これらを同時に解決する練習方法を紹介しちゃいます!


なぜ同時に解決できるのか??


それは、これらの問題にある共通点があるからです。


この練習方法はその共通した問題を解決するために

最適なものなので、一気に解決できるというわけです!


それでは、具体的な練習方法をご紹介する前に、

まず、問題の原因をきっちりと確認しましょう。



■スライス、ダフリの主な原因

これらの症状の原因は、人それぞれのスイングによって

いろいろな要素が絡み合っていますが、

主な原因は次の4点が考えられます。


1.アドレスで体が目標よりも右を向いてしまっている
2.ダウンスイング~インパクト(ボールを打つ瞬間)で右肩が下がってしまう
(アドレス時の位置よりも低くなってしまっている)
3.ヘッドアップしている
4.ボールを打つときに、頭(顔)がアドレス時よりも左にずれてしまっている



1.については、ボールを打つ前にチェックできますよね。

ボールに構えてから、足のつま先にクラブを置いて、

一旦ボールから離れ、飛球線後方から向きをチェックします。


しかし、2.~4.については、

ある程度の経験を積まなければ、自分でチェックすることは難しいです。


そこで、今日ご紹介する練習方法では、

そのチェックを出来るだけしやすいようにするものです。


そのやり方は、

「ポッキー」をくわえて打つ

です。

練習場に「ポッキー」を持っていくのはちょっと・・・。

という方は、ティーなどでもOKですよ!


クラブは6番か7番アイアンを使用します。

そして、ティーアップした状態でボールを打ちます。

クラブフェースはボールの高さに合わせてセットし(地面から浮かせて構えます)、

ティーを打たず、

ボールだけを打つように集中してショットします。


ポイントは、

くわえた「ポッキー」は、常にボール(打ち終わった後は、残ったティー)を

指しているようにしましょう。


この練習では、

軸(背骨)をぶらさずに

正しい方向に体を回転させ

体の上下動を防ぐ

ことを目的としております。

ですので、スイングは

フルスイングせずに(シャフト(クラブの棒の部分です)が背中に当たるほど、

最後までクラブを振り切らずに)、ハーフスイングもしくはスリークォーターの

スイングでОKです。



※ハーフスイング
(バックスイングでは左腕が地面と平行になる位置までクラブを上げ、
 フォロースルーでは右腕が地面と平行になる位置までクラブを振るスイングのこと)

※スリークォーター
(正面から見た場合、トップスイングでは左腕が時計の針でいう「10時」の位置まで
 クラブを上げ、フィニッシュでは右腕が時計の針でいう「2時」の位置まで
 クラブを振るショットのこと)



【参考画像:スリークォーターショット】
下記画像赤線の範囲内でスイングするショットが、スリークォーターショットです。
トップスイング

フィニッシュ



腕の振りよりも、体の回転を意識して練習してみてくださいね。



最後に、

「ティー」は飲み込んでしまうと危険ですのでくれぐれもご注意ください。



それでは、

次回もお楽しみに。






~『入門者・初心者ゴルファー』のゴルフライフが

        より楽しく、充実したものとなるように~


  by 『GG(がんばるゴルフ)』



【PR】
★ホワイトデーが迫ってます!!★





PageTop

ダフリの原因、ご存知ですか?

【PR】







【ミス撲滅編】
「ダフリの原因、ご存知ですか?」



こんにちは!

今日は『ダフリ』についてレッスンします。


100を切れない人の多くは『ダフリ』で苦しんでいます。

『ダフリ』・『スライス』は2大問題ですよね。


ミスを直す場合は、何事もまずその原因を知ることが大切。

では、その原因をみていきましょう。



■『ダフリ』の原因

主に次の2つが考えられます。

【1】ダウンスイング~インパクトで、右肩がアドレスの位置より下がってしまう。

【2】インパクトで右ひじが伸びきってしまう。



では、詳しくみていきましょう。

まずは次のアドレス画像を見ながら、2点のポイントを確認していきましょう。

①右肩の高さ
②右ひじのゆとり

20060423183536.jpg


原因【1】となってしまうのは、こんな場合が考えられます。
20060423183555.jpg
→右肩の下がったすくい打ちになってしまっています。
これは、バックスイングで右足に移動した体重がそのまま残ってしまっていることが主な原因です。

20060423183616.jpg
→大きく振りかぶりすぎて、
トップで右ひざが伸びてしまい、左肩が下がってしまっています
そして、その反動によりダウンスイング~インパクトで右肩が下がってしまっています。


【2】は、このような感じです
20060423183628.jpg
→ボールに当たる前に、右ひじが突っ張って伸びきってしまっています。

右ひじはインパクト以降で伸ばすようにしましょう。

野球でボールを投げるとき、ボールが手から離れた後にひじが伸びますよね!?
それと同じ感覚です。


ところで、練習場ではマットの上からボールを打ちますが、
マットは滑るので多少ボールの手前を打ってもクラブが滑ってくれますので
「ナイスショット」に感じてしまいます。
逆に、コースに出て芝の上からボールを打つ場合、ほんの数ミリボールの
手前からクラブが入っただけで、思うようにボールは飛んでくれません。

練習の際に一度、「音」に注意して打ってみてください。


●ダフりの場合=「ドン」→「カッ」という順番で音がします。

●ナイスショットの場合=「カッ」→「ドン」という順番で音がします。
 このとき、「ドン」という音がしなくても構いません。クラブが地面に
 接地せずにボールだけをクリーンに打っている、ということですから。


■練習方法
①ティーやペンなどをくわえた状態でボールを打ってみてください。
体の上下動が体感しやすくなりますよ!

ポイントは、

「あご」が上下動しないようにスイングする
ことです!!

②アイアンでティーアップをし、ボールだけを打ってみてください。
(クラブがティーに触れないように!)
これも、体の上下動を防ぐ意味があります。



いかがでしたでしょうか。

ぜひ一緒に『ダフリ』を克服していきましょう!!




※このレッスン内容はあくまでもfantasista Tの主観となっております。
実際にはご覧頂いている皆様のご判断、ご責任の範囲内でお試しくださいますよう、
お願い申し上げます。





【PR】
★賞金王 石川遼選手も実践中★




PageTop

【ミス撲滅編-1】~ミスの9割はこれが原因です~

【PR】








【ミス撲滅編-1】
~ミスの9割はこれが原因です~


みなさん、こんにちは!

『GG(がんばるゴルフ)』の公認インストラクター、

ゴルフ入門者・初心者の味方☆fantasista Tです^^


街はクリスマス一色ですね~。

仕事柄、いろいろなところへ営業に行くのですが、

いたるところに大きなツリーがあり、きれいですね^^

ゴルフ場でもライトアップすればいいのに。

あっ、でも、通常暗い時間にゴルフ場にはいないですよね・・・、残念。




さて今日のレッスンは、

【ミス撲滅編】と題しまして、

『初心者がやってしまっているミス』のレッスンです。


ミスショットの原因の9割は、これが原因なのではないでしょうか?!


それは、


『ヘッドアップ』


ボールの行方が気になり、打ち終える前に飛球線方向を見てしまうミスです。


特にゴルフコースでは・・・、

「大きく曲がったらボール捜すのが大変だなあ」とか
「ボールを見失ってしまったらどうしよう??」
と考えながら打ってしまうが多いのではないでしょうか??

そのような理由から、

「ボールを打ち終える前に顔を上げ、ボールの行方を見てしまう」

方が多くいらっしゃいます。



【解説】


【誤】
ヘッドアップ【誤】
▲やや大げさにやっていますが(汗)
でも、こんなふうに、ボールを打つ前に顔が上がってしまっている方、結構多いんですよ。
完璧な『ヘッドアップ』です(>_<)

【正】
ヘッドアップ編【正】
▲このように、ボールを打ち終えるまでしっかりとボールのあった位置を見ていましょう。


ポイントは、

右肩があごに当たるまでは、顔を上げるのをガマンしましょう
(※右打ちの場合です。)



【メリット】

ヘッドアップせずに、しっかりと顔を残すことができるなると・・・

1.遠心力が増し、飛距離がUPします!!

2.フォロースルーで両腕の返しがスムーズになり、
  スライスが止まります!!
  
3.ダフリが激減します!!



いかがですか?

スライスやダフリ、そして飛距離が出ない、というお悩みを一発で解決できる
ポイントだと思いませんか?!


右肩であごを押すことによって自然と顔が上がるよう、
次回のゴルフで、ぜひお試しください^^






【GGオンラインゴルフスクール】のご案内


オンラインの特性を生かし、

いつでも、どこでも、

他のゴルフ仲間には内緒で上達しちゃいましょう^^



スクール見学希望の方ははこちらをクリック!!
↓↓↓↓↓
banner





現在、参加中のブログランキングです!!

いつも応援クリック、誠にありがとうございますm(_ _)m
本日もワン・クリックを、どうぞよろしくお願いします。
※下記ロゴをクリックしてください!!


banner_04.gif


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ


くつろぐバナー




※このレッスン内容はあくまでもfantasista Tの主観となっております。
実際にはご覧頂いている皆様のご判断、ご責任の範囲内でお試しくださいますよう、
お願い申し上げます。





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。