BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)   ~always with your side~

「がんばるゴルフ」改め『BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)』。主に初心者向けの丁寧なゴルフレッスンを提供するblogです。あなたのゴルフライフを、より充実したものとするために・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【スイング編-7】~ダフリは左ひざの角度が原因だった?!<その1>~


・・・新感覚。ゴルフの楽しさを伝える初心者のためのポータルサイトです。



みなさまにご協力いただいております
banner_04.gif
いつもクリック誠にありがとうございます☆

本日も応援クリック、どうぞよろしくお願いします♪
☆上記ロゴをクリックしてくださいm(_ _)m☆



こんにちは!!ゴルフ初心者☆dreamer M です^^

ゴルフ初心者にとって、なかなか縁を切ることができないモノって
何だと思いますか?
ボクにとってのそれはランキングで発表できるくらい、たくさんの
イケてない項目があるんですけど(汗;)、
ダントツの第1位は、

「ダフってしまうこと」です(>_<)

※ダフリ=ボールに当たる前に手前の地面をクラブで叩いてしまうミスのこと

その原因をつきとめたくて、fantasista T 君に見てもらったところ、
今回お届けするポイントが、最大のポイントではないだろうか
という指摘を受けましたので、コレを皆さんと共有したいと思います。


【ダフリは左ひざの角度が原因だった?!】
~打ち終わるまではアドレス時の角度を保つ!~

まずは、ボクのNG画像をご覧ください。
ポイントは
1.左ひざの角度
2.腰の左側の高さ
3.右肩の下がり具合

です。
ひざが伸びているスイング
▲一見力強く打ち込んでいるように、見えないこともないが・・・

ゴルフのボールを打つ瞬間(インパクト)はほんの一瞬で、
なかなか自分がどうやって打っているかというのは、こうやって
画像で見てみないと分かりにくいものなんですよね~。
自分ではこんなに左足が突っ張って、右肩が下がってしまっているとは
全然思わないでスイングしているのですから。

アドレス(打つ準備をしてボールに構えること)の右肩の位置より、
インパクトの右肩の位置が低くなってしまったら、
クラブの長さは変わるワケが無いんですから、
そりゃダフリます。
・・・この表現で理解できますか?なんとかできますかね??^^;
「インパクトの瞬間、すでに左ひざが伸びてしまっている」これが、ボクのダフってしまう最大の原因のようです。
それが原因で腰の左側が上へ突き上がってしまい、スムーズな腰の回転ができない
腰の左側の高さが上へ上がった反動で、右肩が下がってしまう
では、どうすればそれが直るのか・・・、

その対処方法は、
次回【3月26日月曜日】にお届けします!!

お楽しみに!!


★関連リンク

~正しいスイングをするための
  その他のポイントもチェック!!~


★スイング編
★スイング解析編


~mixi~
【がんばるゴルフ】コミュニティーやってます^^ 
みなさま、ぜひご参加ください!!
因みに、mixiにまだ参加していらっしゃらない方がいらっしゃいましたら、
招待メールをさしあげますので、【info@ganbarugolf.com】までメールをください^^
その際は、件名を「mixi招待希望」としてください。


※このレッスン内容はあくまでもfantasista Tの主観となっております。
実際にはご覧頂いている皆様のご判断、ご責任の範囲内でお試しくださいますよう、
お願い申し上げます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。