BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)   ~always with your side~

「がんばるゴルフ」改め『BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)』。主に初心者向けの丁寧なゴルフレッスンを提供するblogです。あなたのゴルフライフを、より充実したものとするために・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【スライス編-②】~スライスする原因って何??その2~

がんばるゴルフが満を持してお送りするスペシャルテキストはこちらからどうぞ!



【スライス編-②】
~スライスする原因って何??その2~

★ポイント
スライスする原因は、主に次の2点です。
1.インパクトでフェースが開いた状態でボールを捉えている
→ボールの打ち出し方向は「ストレート」または「右」に出てスライスする

2.スイング軌道がアウトサイドインでカット打ちとなっている
→ボールの打ち出し方向は「左」に出てスライスする

1.
IMG_0040.jpg


2.
20060401153537.jpg


前回は「1」を説明させていただきましたので、今回は「2」についてです。
カット打ちとなってしまう原因は主に次の3つが考えられます。
①「アドレス」ですでに肩が開いてしまっている
②「バックスイング」でクラブを小手先だけで上げてしまっている
③「フォロースルー」で左ひじが引けてしまっている


★練習方法
1)①が原因と思われる場合
・・・アドレスは非常に大事で、正しい構えをすることができれば、「80%の確率でナイスショットができる」、というレッスンプロもいらっしゃいます。
また、いろいろなポイントを考えながらスイングをすると、リズムやスムーズさを欠いてしまいますが、アドレスだけは自分のペースでじっくりと行うことができます。
普段の練習では、アドレスに気を使って練習してみてください。
意外とそれだけでよくなりますよ!
【アドレス編-②】~ターゲットに対してスクエアに構えたい~も合わせてご覧ください^^)

2)②が原因と思われる場合
・・・ボールの飛球線後方(30~40cm)に何か目印を置き、
そこを通すようにバックスイングを行ってみてください。
意外とスクエアにバックスイングすることは難しいですよ!
下記画像をご参照ください。

20060402145459.jpg


3)③が原因と思われる場合
・・・フォロースルーで、両腕の返しがうまくできていないことが考えられます。
右手、左手を離した状態でグリップし、素振りをしてみてください。
両腕の返しを体感することができますよ!
【スライス編-①】~スライスする原因って何??その1~も合わせてご覧ください^^)

カット打ちが原因のスライスは、

「飛ばない」・「風に弱い」・「どこまでも球が右へ流れる」
と、コースへ出て苦労してしまう球筋です。

がんばって克服していきましょう~!!

※このレッスン内容はあくまでもdreamer Mくんをモデルとした内容となっております。
実際にはご覧頂いている皆様のご判断、ご責任の範囲内でお試しくださいますよう、お願い申し上げます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。