BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)   ~always with your side~

「がんばるゴルフ」改め『BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)』。主に初心者向けの丁寧なゴルフレッスンを提供するblogです。あなたのゴルフライフを、より充実したものとするために・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

あなたのスライス、その原因はわかりますか?(その1)

【PR】









【スライス編】
「あなたのスライス、
    その原因はわかりますか?」(その1)


★ポイント
スライスする原因は、主に次の2点です。
1.インパクトでフェースが開いた状態でボールを捉えている
→ボールの打ち出し方向は「ストレート」または「右」に出てスライスする

2.スイング軌道がアウトサイドインでカット打ちとなっている
→ボールの打ち出し方向は「左」に出てスライスする

1.
IMG_0040.jpg

2.
20060401153537.jpg


私の生徒さんにもスライスで悩んでいる方は多いですが、
初心者の方に多いケースは、主に「1」ですね。
スライスでお悩みの方は、1か2のどちらのタイプであるかを、ご自分の球筋から
チェックしてみてくださいね。

1.インパクトでフェースが開いた状態でボールを捉えている
→ボールの打ち出し方向は「ストレート」または「右」に出てスライスする
となってしまう原因として考えられるのは、主に次の4点です。

①ヘッドアップしている
②インパクト~フォロースルーにかけて、肩が早く開いてしまう
③インパクト~フォロースルーにかけて、上体が早く起き上がってしまう
④フォロースルーで、両腕(特に右腕)の返しがうまくできていない



★練習方法
1)①~③が原因と思われる場合
・・・クラブを胸に当て、体を回転させる運動をしましょう。
ポイントは、上体の前傾姿勢を崩さないように。
フォロースルーでもアドレス時の前傾姿勢をキープし、
ボールのあった位置をしっかりと見続けましょう。


2)④が原因と思われる場合
・・・左手と右手を離してグリップし、スイングしてみましょう。
フォロースルーでクラブ(シャフト)が地面と平行になった位置で、
右手で握手するイメージで手を返します。両腕の返しを体感できますよ。
下記の写真をご参考ください。

20060401153815.jpg

20060401153823.jpg

20060401153838.jpg


次回、
2.スイング軌道がアウトサイドインでカット打ちとなっている
→ボールの打ち出し方向は「左」に出てスライスする
を解説します。

お楽しみに!



※このレッスン内容はあくまでもfantasista Tの主観となっております。
実際にはご覧頂いている皆様のご判断、ご責任の範囲内でお試しくださいますよう、
お願い申し上げます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。