BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)   ~always with your side~

「がんばるゴルフ」改め『BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)』。主に初心者向けの丁寧なゴルフレッスンを提供するblogです。あなたのゴルフライフを、より充実したものとするために・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ボールの位置はいつも一緒ですか?

【PR】







【アドレス編】
「ボールの位置はいつも一緒ですか?」



こんにちは!


今日のレッスンは、


『ボールの位置』についてです。


ゴルフスイングで、このテーマは非常に重要なポイントですが、

僕の生徒さんの中には、結構無頓着な方、多いです(汗)



世界一ともいわれるゴルフ・インストラクター、多くのメジャーチャンピオンのコーチである

デビッド・レッドベターも


「ゴルフの基礎中の基礎は、グリップとボールに対する

 セットアップ(=アドレス。ボールに対する構え方)。

 まずはこれらをマスターすること。」


と教えています。



僕も大賛成!

安定したショットをするためには、

何よりもアドレス=構えに気を遣い、安定した構えができるようにしましょう。

そのためには、


『ボールの位置を一定にすること』は、


必須条件のです。



では、具体的にクラブごとにみていきましょう。



■アイアン

プロによって「ボールの位置をどのクラブでも常に一定にする人」、

「クラブによってボールの位置を変える人」と様々。


しかし僕はよりシンプルに考えたい。

したがって基本的には

「ボールの位置をどのクラブでも常に一定にする」派です。


さてその基本のボールの位置ですが、

「6番アイアン」を基準とします。


なぜ「6番アイアン」なのか?

それは、ドライバーからパターの間で、ロフト(クラブフェースの角度)が

ちょうど真ん中あたりだからです。

入門者・初心者ゴルファーは、「まず6番か7番アイアンで練習しなさい。」

ってまわりのゴルフ好きの方から言われませんでしたか?

これは、ちょうど真ん中のクラブで慣れることが大切だからです。



具体的なボールの位置は、

左足かかと延長線上よりボール1個分内側

です。
20060517215920.jpg

そしてアイアンはすべての番手がこの位置です。



■ドライバー

できれば、よりシンプルにするためにアイアンと同じ位置にしたいのですが、

ドライバーだけはアイアンよりもやや左足寄りの、

左足かかと延長線上

とします。
20060517215933.jpg


ドライバーは大抵ティーアップした状態でボールを打ちます。

ボールの位置をアイアンよりも左足寄りにする理由は、

そうすることによって、クラブのヘッドがスイングの最下点を通過し、

ヘッドが上へ上がっていく過程でボールを捉えることができるからです。

(いわゆるアッパーブローです。)



■フェアウェーウッド

アイアンと同じ、

左足かかと延長線上よりボール1個分内側

にしていますが、ボールが上がりにくい場合には、

左足かかと延長線上~左足かかと延長線上よりボール1個分内側の間

で調整してください。



■パター

振り子のように振ることが大切ですので、ボールの位置は

スタンスの真ん中~左足かかと延長線上

としましょう。

スタンスの真ん中よりも右足よりにボールを置いてしまうと、

上からボールを叩く動きになってしまいますので良い転がりになりません。

ご注意ください。



いかがでしたでしょうか!?

次回は、

『ボールの位置を一定に構えるコツ』

をレッスンします。

お楽しみに!!





※このレッスン内容はあくまでもfantasista Tの主観となっております。
実際にはご覧頂いている皆様のご判断、ご責任の範囲内でお試しくださいますよう、
お願い申し上げます。





ランチ1回分の投資で、
しかも「一夜漬け」で100を切るポイントを
すべて知ることが出来きるノウハウ、
あなたは知りたくありませんか?



「知りたい!」あなたはこちらをクリック!!




【PR】
GDOさんで決算セール開催中!!
売り切れ続出!急いでください!!




★賞金王 石川遼選手も実践中★




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。