BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)   ~always with your side~

「がんばるゴルフ」改め『BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)』。主に初心者向けの丁寧なゴルフレッスンを提供するblogです。あなたのゴルフライフを、より充実したものとするために・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「グリップ、しっかり絞ってますか?」

【PR】







【グリップ編】
「グリップ、しっかり絞ってますか?」



こんにちは!

『GG(がんばるゴルフ)』インストラクターの田中です。



先日、高松志門プロの「ゆるゆるグリップ」について記事を書いたところ、

グリップに関するお問い合わせをいくつか頂きました。


そこで、あらためて『正しいグリップ』について

解説したいと思います!


グリップについては、言葉で説明するより画像で

ご覧いただいたほうが分かりやすいと思います。

次の画像でご確認ください。

※分かり易いように、左手グローブをはずしています。

グリップ1

グリップ2

グリップ3




ポイントは、

ぞうきんを絞るように

左右の手を内側(親指方向)に絞ってください。

グリップが緩んでいるとうまく力がボールに伝わりませんよ。


また、グリップの絞りが甘いと、脇も空いてしまい、

正しいスイングができません。

ご注意ください。


なお、

【絞る=力を入れる】ということではありません。


あくまでも力は入れず、高松志門プロのおっしゃるように

「ゆるゆる」であることに気をつけてくださいね。




ちなみに、

このグリップは「オーバーラッピング」といいます。

(右手の小指を左手の人差し指と中指の間付近に乗せています。)

このグリップがオーソドックスで、プロゴルファーのほとんどがこの形のようです。



また、右手の小指と左手の人差し指をからめる「インターロッキング」

というグリップもあります。下記画像のような形です。


石川遼君やタイガーウッズ、ジャックニクラウスはこの形ですね。

グリップインターロッキング1

グリップインターロッキング2



「インターロッキング」の方が、両手の一体感がより増すようです。

まだグリップが固まっていない方は、両方の形を試していただき

しっくりくるグリップを選んでみてください。

いろいろなものを試し自分のスタイルを築いていく、ということも

ゴルフの醍醐味のひとつですよね。


他に、「ベースボールグリップ」という、読んで字のごとく

野球のバットを持つときのようにグリップする方法がありますが、

これは極端に右手が使いやすいので

当たれば飛距離は出ますが、コントロールが難しいです。

個人的にはあまりおすすめはできません・・・。



それでは、

次回はグリップする手順をみていきます。


お楽しみに!!



■高松志門プロの「ゆるゆるグリップ」記事URL

 http://tmcompany.blog38.fc2.com/blog-entry-199.html





※このレッスン内容は右打ちを前提に説明しております。
 また、あくまでも田中博幸の主観となっております。
 実際にはご覧頂いている皆様のご判断、ご責任の範囲内で
 お試しくださいますよう、お願い申し上げます。




ランチ1回分の投資で、
しかも「一夜漬け」で100を切るポイントを
すべて知ることが出来きるノウハウ、
あなたは知りたくありませんか?



安心の『1ヶ月間無料サポート』ついてます!!


「知りたい!」あなたはこちらをクリックください!!




【PR】
★賞金王 石川遼選手も実践中★



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。