BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)   ~always with your side~

「がんばるゴルフ」改め『BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)』。主に初心者向けの丁寧なゴルフレッスンを提供するblogです。あなたのゴルフライフを、より充実したものとするために・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クラブを握る順番、意識してますか?

【PR】







【グリップ編】
「クラブを握る順番、意識してますか?」



こんにちは!

『GG(がんばるゴルフ)』インストラクターの田中です。



先日、『正しいグリップ』について解説しました。

ご自分のグリップと比べていかがでしたか!?


さて今回は、正しいグリップをするための『正しい手順』を

解説したいと思います!



■正しいグリップ手順


【1】
まず、左手から握ります。
左手は下からクラブを握るのではなく、
やや上からクラブを押さえるように握ってください。
グリップセット1

グリップセット2


下から握ると、ダフリの要因となってしまいます。

また、

赤丸内のようにクラブを握った親指と人差し指とで

V字ができるようにしっかりと親指を絞め

(といって力をぎゅっと入れるのではありません。)

また、そのV字の谷が指す方向が「あご~右肩」の範囲を

指すようにしましょう。



【2】
次に、右手を握ります。
右手は横からクラブに添えて握るようにしましょう。
グリップセット3

グリップセット4


右手を下から握ってしまうとダフリの要因に。

また、上から握ってしまうとスライスする要因になりますのでご注意ください。


そして、左手同様、赤丸内のようにV字ができるように、

しっかりと親指を絞め(といって力をぎゅっと入れるのではありません。)

そのV字の谷が指す方向は「あご~右肩」の範囲と

なるようにしましょう。



さらに、

右手を横から握るメリットは、


【右手のひら=クラブフェースの向き】となり、

クラブコントロールがしやすい



ということがあげられます。



例えば、スライスしてしまう方は、インパクト(クラブフェースがボールを捉える瞬間)で

クラブフェースが構えた向きに比べて右を向いてしまっていることがひとつの原因ですが、


「『右手のひら』を構えたとおりまっすぐに戻す」


という意識を持つことによって、スライスを防ぐことができます。


また、スイング中にクラブフェースがどこを向いているかを感じることが

より良いスイングをするために必要なポイントとなりますが、

これも【右手のひら=クラブフェースの向き】とすることによって

容易に感じることができます。



ゴルフのグリップは特殊な握り方ですので、

初心者ゴルファーにとっては、はじめは違和感があるかと思いますが、

ナイスショットをするための非常に大切な要素のひとつです。

慣れるまでは、必ず形をチェックして

正しいグリップを身につけましょう。



練習に行かずとも、毎日家でクラブを持ち、

正しいグリップに慣れることも大事ですね。



それでは、また!!





※このレッスン内容は右打ちを前提に説明しております。
 また、あくまでも田中博幸の主観となっております。
 実際にはご覧頂いている皆様のご判断、ご責任の範囲内で
 お試しくださいますよう、お願い申し上げます。




ランチ1回分の投資で、
しかも「一夜漬け」で100を切るポイントを
すべて知ることが出来きるノウハウ、
あなたは知りたくありませんか?



安心の『1ヶ月間無料サポート』ついてます!!


「知りたい!」あなたはこちらをクリックください!!




【PR】
★賞金王 石川遼選手も実践中★



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。