BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)   ~always with your side~

「がんばるゴルフ」改め『BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)』。主に初心者向けの丁寧なゴルフレッスンを提供するblogです。あなたのゴルフライフを、より充実したものとするために・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サンドウェッジで、ハーフショットは何ヤード飛びますか?

【PR】









【アプローチ編】
「サンドウェッジで、ハーフショットは何ヤード飛びますか?」


こんにちは!

『GG(がんばるゴルフ)』インストラクターの田中です。



今日は、首都圏はものすごく暖かいです。

冬場は、こんな日にラウンドいきたいですね!



さて、今日は100ヤード以内のアプローチについて。


ようやくグリーン近くまできたのに、

100ヤード以内からなかなかグリーンに乗らない方、

初心者のうちは多いのではないでしょうか??


この100ヤード以内のプレーは、

スコア100を切るにあたって重要なポイントのひとつとなります。


そこで、

スコア100を切れる人と切れない人の徹底的な違いを教えましょう!



まずはこの質問にお答えください。



「サンドウェッジもしくはアプローチウェッジで、

 フルショットは何ヤード飛びますか?

 また、ハーフショットは何ヤード飛びますか?」




※ハーフショットとは、バックスイングで左腕が地面と平行になるくらいの

 位置まで上げ、フォロースルーで右腕が地面と平行になるくらいの

 位置まで振るショットのことです。




YESの方は、100を切れている人です。


NOの方は、残念ながらまだ100を切ることができていないのでは?




この質問の真意は、


アプローチでは、

必ず自分の基準の距離感を身につけなければならない




というものです。


僕の場合、

通常アプローチではサンドウェッジを使用します。


サンドウェッジのフルショットで80ヤード。

ハーフショットで50ヤード。


この距離を基準として、

80ヤード以上のときはピッチングウェッジを使用しますが、

80ヤード以下のときは、基本的にはすべての距離を

サンドウェッジのスイング幅を調整して、

距離の打ち分けをしています。



あなたはいかがですか?


基準の距離感、お持ちですか??


「なんとなくこれくらい・・・」


「とりあえず打ってしまおう・・・」



ではなかなかグリーンオンさせることは難しいですよ!



ちなみに、

クラブはアプローチウェッジでもサンドウェッジでも構いません。


ただし、ピッチングウェッジは飛びすぎてしまうと思うので、

あまりオススメはできません。




それでは次回は、


『基準の距離感を身につけるコツ』、をレッスンします!



またの更新をお楽しみに!!







~『入門者・初心者ゴルファー』のゴルフライフが

        より楽しく、充実したものとなるように~


  by 『GG(がんばるゴルフ)』



※このレッスン内容は右打ちを前提に説明しております。
 また、あくまでも田中博幸の主観となっております。
 実際にはご覧頂いている皆様のご判断、ご責任の範囲内で
 お試しくださいますよう、お願い申し上げます。



ランチ1回分の投資で、
しかも「一夜漬け」で100を切るポイントを
すべて知ることが出来きるノウハウ、
あなたは知りたくありませんか?



安心の『1ヶ月間無料サポート』ついてます!!


「知りたい!」あなたはこちらをクリックください!!




【PR】
★賞金王 石川遼選手も実践中★




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。