BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)   ~always with your side~

「がんばるゴルフ」改め『BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)』。主に初心者向けの丁寧なゴルフレッスンを提供するblogです。あなたのゴルフライフを、より充実したものとするために・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シンプルな距離感の作り方

【PR】









【アプローチ編】
「シンプルな距離感の作り方」



こんにちは!

『GG(がんばるゴルフ)』インストラクターの田中です。



さて、前回は100ヤード以内のアプローチについて、


スコア100を切るにあたって重要なポイントであるとご紹介しました。



スコア100を切れる人は、


『基準の距離感を身につけている』


ということでしたね。



それでは今日のレッスンでは、


『基準の距離感を身につける方法』、


をご紹介します。



■ポイント

●メチャ振りせずに、楽にスイングする
●ゆったりとしたタイミングで打つように心がける
●力加減で距離感を調整せずに、あくまで振り幅で調整する
●腕だけでバックスイングせずに、体の回転を重視する




これらを意識して、


基準となるクラブの飛距離を把握します。


【1】フルスイング、

【2】ハーフスイング、


そして、

【3】スリークォーターショット(※)、


※スリークォーターショットとは、

 トップスイングで手の位置が、時計の針でいう「10時」の位置

 フィニッシュでは、「2時」の位置までの間でスイングするショットのこと。


【4】ハーフスイングの手前までの間、

これは具体的には、

トップスイングで手の位置が、時計の針でいう「8時」の位置

フィニッシュでは、「4時」の位置までの間でスイングするショットのことで、


これらの4種類のスイング幅で飛距離を調整します。



私の場合、サンドウェッジを使って次のような基準を設けています。


【1】70~80ヤード

【2】50ヤード

【3】60ヤード

【4】40ヤード



繰り返しになりますが、


決して力加減ではなく、スイング幅で飛距離を調整してください。





それでは、

次回もお楽しみに!!







~『入門者・初心者ゴルファー』のゴルフライフが

        より楽しく、充実したものとなるように~


  by 『GG(がんばるゴルフ)』



※このレッスン内容は右打ちを前提に説明しております。
 また、あくまでも田中博幸の主観となっております。
 実際にはご覧頂いている皆様のご判断、ご責任の範囲内で
 お試しくださいますよう、お願い申し上げます。



ランチ1回分の投資で、
しかも「一夜漬け」で100を切るポイントを
すべて知ることが出来きるノウハウ、
あなたは知りたくありませんか?



安心の『1ヶ月間無料サポート』ついてます!!


「知りたい!」あなたはこちらをクリックください!!




【PR】
★賞金王 石川遼選手も実践中★




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。