BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)   ~always with your side~

「がんばるゴルフ」改め『BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)』。主に初心者向けの丁寧なゴルフレッスンを提供するblogです。あなたのゴルフライフを、より充実したものとするために・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スライス、ダフリを同時に直します!!

【PR】







【ミス撲滅編】
「スライス、ダフリを同時に直します!!」




こんにちは!

『GG(がんばるゴルフ)』インストラクターの田中です。


今日も楽しく、効率のいい練習をしていきましょう!


さて本日は、

「スライス、ダフリを同時に直す練習方法」

のご紹介です。


初心者ゴルファーの2大課題である、

「スライス」

そして

「ダフリ」



これらを同時に解決する練習方法を紹介しちゃいます!


なぜ同時に解決できるのか??


それは、これらの問題にある共通点があるからです。


この練習方法はその共通した問題を解決するために

最適なものなので、一気に解決できるというわけです!


それでは、具体的な練習方法をご紹介する前に、

まず、問題の原因をきっちりと確認しましょう。



■スライス、ダフリの主な原因

これらの症状の原因は、人それぞれのスイングによって

いろいろな要素が絡み合っていますが、

主な原因は次の4点が考えられます。


1.アドレスで体が目標よりも右を向いてしまっている
2.ダウンスイング~インパクト(ボールを打つ瞬間)で右肩が下がってしまう
(アドレス時の位置よりも低くなってしまっている)
3.ヘッドアップしている
4.ボールを打つときに、頭(顔)がアドレス時よりも左にずれてしまっている



1.については、ボールを打つ前にチェックできますよね。

ボールに構えてから、足のつま先にクラブを置いて、

一旦ボールから離れ、飛球線後方から向きをチェックします。


しかし、2.~4.については、

ある程度の経験を積まなければ、自分でチェックすることは難しいです。


そこで、今日ご紹介する練習方法では、

そのチェックを出来るだけしやすいようにするものです。


そのやり方は、

「ポッキー」をくわえて打つ

です。

練習場に「ポッキー」を持っていくのはちょっと・・・。

という方は、ティーなどでもOKですよ!


クラブは6番か7番アイアンを使用します。

そして、ティーアップした状態でボールを打ちます。

クラブフェースはボールの高さに合わせてセットし(地面から浮かせて構えます)、

ティーを打たず、

ボールだけを打つように集中してショットします。


ポイントは、

くわえた「ポッキー」は、常にボール(打ち終わった後は、残ったティー)を

指しているようにしましょう。


この練習では、

軸(背骨)をぶらさずに

正しい方向に体を回転させ

体の上下動を防ぐ

ことを目的としております。

ですので、スイングは

フルスイングせずに(シャフト(クラブの棒の部分です)が背中に当たるほど、

最後までクラブを振り切らずに)、ハーフスイングもしくはスリークォーターの

スイングでОKです。



※ハーフスイング
(バックスイングでは左腕が地面と平行になる位置までクラブを上げ、
 フォロースルーでは右腕が地面と平行になる位置までクラブを振るスイングのこと)

※スリークォーター
(正面から見た場合、トップスイングでは左腕が時計の針でいう「10時」の位置まで
 クラブを上げ、フィニッシュでは右腕が時計の針でいう「2時」の位置まで
 クラブを振るショットのこと)



【参考画像:スリークォーターショット】
下記画像赤線の範囲内でスイングするショットが、スリークォーターショットです。
トップスイング

フィニッシュ



腕の振りよりも、体の回転を意識して練習してみてくださいね。



最後に、

「ティー」は飲み込んでしまうと危険ですのでくれぐれもご注意ください。



それでは、

次回もお楽しみに。






~『入門者・初心者ゴルファー』のゴルフライフが

        より楽しく、充実したものとなるように~


  by 『GG(がんばるゴルフ)』



【PR】
★ホワイトデーが迫ってます!!★





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。