BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)   ~always with your side~

「がんばるゴルフ」改め『BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)』。主に初心者向けの丁寧なゴルフレッスンを提供するblogです。あなたのゴルフライフを、より充実したものとするために・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【クラブ編-①】~サンドウェッジ~

がんばるゴルフが満を持してお送りするスペシャルテキストはこちらからどうぞ!



【クラブ編-①】
~サンドウェッジ~

みなさん、こんにちは^^
fantagistaです。

今日は、クラブについてのお話です。

最近のレッスン
【アプローチ編-①】~一発解決?! fantagista流アプローチ~の中で、

『サンドウェッジ(SW)』というクラブが出てきました。


ところで・・・。

そもそも『サンドウェッジ(SW)』って何??

どんな特徴があるの・・・??


って、そーですよねー。
他のクラブと比べて何が違うのでしょうか??

そこで、fantagistaのクラブ講座☆ やらせていただきます!!


『サンドウェッジ(SW)』とは、もともと

バンカー(コース内にある「砂場」です)に入ったボールを
打つために作られたクラブです。


【サンド(sand)=砂】という言葉がついているくらいですから。

では、なぜバンカーから打ちやすいクラブなのでしょうか?

それは、クラブのソール(底)にある「バンス」という 『でっぱり』 があることにより、
クラブが砂に潜らずに振りぬくことができる構造だから、です。

下記画像、dreamerくんが指差している赤丸部分にその『でっぱり』があります。
SW


なお、『サンドウェッジ(SW)』には次のような種類・特徴があります。

●クラブのソール(底)にあるバンス(でっぱり)が「大きいもの」
→「バンカーショット」に適しています

●クラブのソール(底)にあるバンス(でっぱり)が「小さい」、
あるいはバンス(でっぱり)が「無い」もの
→「アプローチ」に適しています。

ぜひ一度、ご自分の『サンドウェッジ(SW)』のソールをチェックしてみてください^^

また、『サンドウェッジ(SW)』は「スコアライン」と呼ばれる
フェース(クラブの、ボールが当たる面)にある 「溝」 の本数が多いのが特徴です。
ボールが当たるときに、この「溝」とボールが擦れることによってスピンがかかります。

この「溝」は、
ドライバー ――――→ 6番アイアン ――――→ サンドウェッジ 
【少ない】                             【多い】

と短いクラブになればなるほど多くなります。
結構芸が細かいですよね(笑)

以上、fantagistaのクラブ講座☆ でした^^


★関連リンク集
【アプローチ編-①】~一発解決?! fantagista流アプローチ~


~より高度なレベルのレッスンを求める方へ~
【がんばるゴルフ】おすすめ、
プロゴルファーを教える「プロ」が運営するサイトです。
このサイトのクラブ試打レポート、参考になりますよ!!
【飛距離アップWEB】


~mixi~
【がんばるゴルフ】コミュニティーやってます^^ ぜひ!!


みなさまにご協力いただいております
banner_04.gif

おかげさまでランキング上昇中☆
ありがとうございます!!
お手数でなければ、今日も1クリックをお願いいたします^^
↓↓↓↓↓
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。