BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)   ~always with your side~

「がんばるゴルフ」改め『BREEZE GOLF(ブリーズゴルフ)』。主に初心者向けの丁寧なゴルフレッスンを提供するblogです。あなたのゴルフライフを、より充実したものとするために・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ドライバーでテンプラ連発の方へ・・・

【PR】
日本最大級のゴルフサイト、GDOさんでキャンペーン実施中!!








【今日のワンポイントレッスン】


「テンプラ」とは、

ティーアップしたボールを、

ボールではなくティーを打ってしまって、

ボールが高~く上がってしまうミスのことです。

原因は、クラブが急角度で下りてくるからです。


そのようなミスが出てしまう方は、

アドレス時の頭の位置をチェックしてみましょう。

頭の位置が左に寄り過ぎていませんか!?

「頭の位置=重心の位置」によって体重配分が変わります。

左寄りの状態では、体重が左足寄りになるため、

クラブの下りてくる角度が急角度になってしまいます。


頭の位置は常に「両足の真ん中」としましょう。

普段、頭の位置が左寄りにある方にとっては、

体重が右足にかなり多くかかっていると感じると思いますが、

それで正解です。


ドライバーをティーアップして打つ場合は、

クラブが緩やかに下りてきて、最下点を過ぎて

緩やかに上昇するポイントでボールを捉えたときに、

飛距離が最大になります。


テンプラが止まらないときは、

ぜひ頭の位置をチェックしてみましょう!!


※本レッスンは右打ちを前提にしたレッスンとなっております。
  左打ちの場合逆となりますのでご注意ください。




【PR】




PageTop

スイング中のクラブフェースの向き

【PR】
日本最大級のゴルフサイト、GDOさんでキャンペーン実施中!!







【今日のワンポイントレッスン】


クラブフェースの向きは

スイング中、常に体の正面になければいけません。

(アドレス時の体に対する向きと変わらないように。)


構えるときに、クラブフェースをターゲットラインに対して

直角になるようにセットし、スイング中も常に体の正面にあるように

スイングしましょう。


フェース面の狂いは、

スライス、

フックを招きます。


フェース面を変えないコツは、

構えたときにできた「左手首の角度(曲げ具合)」を、

スイング中一定に保つようにしましょう。

そうすると、フェース面を変えずにスイングできますよ!


スライス、フックが止まらないときは、

ぜひお試しください!!


※本レッスンは右打ちを前提にしたレッスンとなっております。
  左打ちの場合逆となりますのでご注意ください。




【PR】




PageTop

トップスイングの右ひじ

【PR】
日本最大級のゴルフサイト、GDOさんでキャンペーン実施中!!







【今日のワンポイントレッスン】


ダフリ、

トップ、

スライス、

フック、

・・・。


あらゆるミスが出ていたら、

ぜひ一度、

「トップスイング」(クラブを振り上げたポジション)の

『右ひじ』の角度をチェックしてみてください。


正しい角度の目安は90°。

曲がりすぎていませんか!?

力みすぎ、特に右手に力が入りすぎていると、

トップスイングで右ひじが曲がりすぎてしまいます。

力みはあらゆるミスの原因となります。

力んでいるかどうかは、トップスイングの右ひじの角度に現れます。


ぜひ一度、チェックしてみてください!


※本レッスンは右打ちを前提にしたレッスンとなっております。
  左打ちの場合逆となりますのでご注意ください。




【PR】




PageTop

おすすめスパイク!

こんにちは!

今日は僕が使用しているスパイクのご紹介!

NIKEさんの『ルナコントロールSLシューズ』です!


『Breeze Golf』 ~always with your side~-shoes1



『Breeze Golf』 ~always with your side~-shoes2



NIKEさんだけに、

デザインのかっこよさはもちろんのこと、

履き心地が抜群にいいです。

軽量なので18ホール後の脚の疲れは、

以前のスパイクよりも軽いです。

最近のラウンドは、ほとんどが乗用カートでのプレーですが、

それでも長距離を歩く競技。

足元は非常に大切ですよ!


★GDOさんで現在セール中!!★


(↓GDOさんSHOPへのリンク)

PageTop

スイングの始動、体のどこから動かす?

【PR】
日本最大級のゴルフサイト、GDOさんでキャンペーン実施中!!







【今日のワンポイントレッスン】


スイングの始動、

どこから動かしてますか?


正解は、

「クラブ、左腕、左肩」を一緒に動かします。


左肩が動かずに、手だけでクラブを、ひょいっと上げてしまっている人、多いです。

そうすると、肩が回りにくくなり、思うようにボールが飛びません。

スタートで左肩を、ぐいっと回しましょう!!




確認方法は、スイング始動後、



手が腰の高さ付近にきたときに動きを止めてみましょう。



そのときに、右ひじが伸びていれば大丈夫。



逆に、右ひじが曲がってしまっていたら、



始動の際に、しっかり肩が動いていません。



手打ちになってしまっています。




ぜひ一度、チェックしてみてください!



これができれば、かなりスイングが安定してきますよ!!




※本レッスンは右打ちを前提にしたレッスンとなっております。

  左打ちの場合逆となりますのでご注意ください。



【PR】





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。